しゃっくり 犬

しゃっくりする犬の対処法とは?

しゃっくりする犬の対処法とは?

飼い犬がヒックヒックとしゃっくりをしだすことってありますよね?
人間と同じように、犬もしゃっくりをします。
見ているとちょっと笑えてくる、可愛らしい瞬間ですが、ずっと続くとなると、だんだんと心配になってきます。

 

ここでは、犬のしゃっくりの原因と、その対処法についてご紹介します。

 

犬がしゃっくりするのはナゼ?

犬がしゃっくりをする理由は、人間とあまり変わりません。
多くの心配の要らないしゃっくりの場合は、以下の理由が考えられます。

 

  1. エサを丸のみなどして、ガスが溜まったり胃が拡張した為
  2. 寒かったり、お腹周りの温度が急に変化した為
  3. 何かに驚いたりストレスを感じたりした為

 

こういった原因が考えられる場合は、あまり心配することなく、ちょっと様子を見てあげましょう。

 

ただ、しゃっくりがずっと続く場合やしゃっくりの音がおかしい時、しゃっくりが続いて嘔吐したり眠れなくなってしまっている場合などは、注意が必要です。

 

”脳卒中、てんかんなどの中枢神経系の病気や、心臓病、胃捻転、回虫や寄生虫が発生することによる腸内異常などの末梢神経を刺激する病気、感染症、逆くしゃみ、異物を飲み込んだ恐れ”
などが考えられます。

 

早めに獣医さんに相談しましょう。

 

Sponsored Link

 

犬のしゃっくりの止め方

犬だって人だって、しゃっくりするのは疲れますよね。
心配要らないようなしゃっくりの場合、次のような方法でしゃっくりを止めてあげられるといわれています。

 

  1. 胃と肋骨の間にあるみぞおち部分を手のひら全体で優しく押してあげる
  2. のどや胸部を優しくマッサージする
  3. 冷えている場合は毛布などにくるんで暖めてあげる
  4. 舌を触って唾をのみ込ませる
  5. はちみつか砂糖を溶かした水をなめさせてあげる
  6. ストレスを感じている場合は、優しく撫でてあげて、笑顔で言葉がけをしてあげる

 

また、エサの量や与え方などを見直してみるのもお勧めです。

 

まとめ

犬のしゃっくりは可愛いものですが、ずっと続けば犬も辛いですので、早めに止めてあげると犬も嬉しいと思います。
また、病気が潜んでいることもあるので、気になった場合は、動物病院へ行くことをお勧めします。



Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加