しゃっくり 酒

しゃっくりと酒は腐れ縁?お酒を飲むとしゃっくりが出るのはなぜ?

しゃっくりと酒は腐れ縁?お酒を飲むとしゃっくりが出るのはなぜ?

お酒を飲んで楽しい気分でいると、突然始まるしゃっくり。
ヒックヒックとまるで漫画の登場人物や落語家さんみたいで、ちょっと恥ずかしいものです。
お酒を飲むことでしゃっくりが出てくる人って、結構多いみたいですね。
そもそも、何故お酒を飲むとしゃっくりが出るのでしょうか?
ここでは、アルコールとしゃっくりの関係や、止め方についてお話します。

そもそもしゃっくりの正体とは?

しゃっくりは、横隔膜(おうかくまく)や肋間筋(ろっかんきん)、前斜角筋(ぜんしゃかくきん)などの呼吸関係の筋肉が痙攣(けいれん)することで起こります。
私たちが呼吸するときは、これらの筋肉を使って肺を膨らましたり萎ませたりしています。

 

しゃっくりに関係する筋肉

 

呼吸に関係している筋肉が痙攣してしまうと、私たちの意志に関係なくイッキに空気を吸い込むことになってしまいます。
この時に、反射的に声を出す場所である声帯筋(せいたいきん)がキュッと縮まるので、「ヒック」と声が出てしまうんです。

 

※「しゃっくりの原因とは?事例別に解説」でも、しゃっくりの原因やしゃっくりから分かる病気などについてくわしく解説しています。

なぜお酒でしゃっくりが始まるの?

飲酒としゃっくりの関係については、現在ハッキリとは解明されていないのですが、次のようなものが考えられています。

1、胃腸付近の温度が急に変わる

キンキンに冷えたビールなどの冷たいお酒を急に飲むと、胃腸などの内臓の温度がイッキに低下します。
しゃっくりが起こる場所である横隔膜(おうかくまく)は、上の画像からも分かるように胃腸の近くにあるので、胃腸が冷えると横隔膜も急に冷えてしまいます。
横隔膜はこうした急激な温度変化の刺激があると、痙攣(けいれん)を起こしてしまいます。
この横隔膜の痙攣がしゃっくりの正体でしたよね。

 

2、胃が急激に膨れて(胃拡張)、横隔膜が刺激される

水だとあまり大量に飲めなくても、お酒だとガブガブ飲めてしまうということはありませんか?
通常よりも大量の水分(お酒)を飲むと、胃はイッキに膨れてしまいます。
膨らんだ胃は近くにある横隔膜を押して刺激するため、横隔膜は痙攣を起こしてしまいます。

 

3、中枢神経(ちゅうすうしんけい)が刺激される

アルコールを飲むといわゆる“酔っ払い状態”になりますよね。
このように酔っ払い状態になってしまうのは、アルコールが脳に直接働きかけて脳を麻痺(まひ)させる作用を持っているためです。
この作用のことを「中枢神経(ちゅうすうしんけい)作用」といいます。
アルコールの中枢神経作用によって、しゃっくりを引き起こす横隔膜とつながっている横隔神経が刺激されます。
横隔神経が刺激されると、横隔膜が痙攣し、しゃっくりが起こります。

 

Sponsored Link

お酒のしゃっくりは危険!?

さまざまな原因が考えられるお酒しゃっくりですが、危険なのは3つめの原因「中枢神経(ちゅうすうしんけい)が刺激される」です。
他の2つの原因との見分け方は、“しゃっくり以外の症状があるかどうか”です。
しゃっくり以外の症状とは、次のようなものです。

  • 呂律(ろれつ)がまわらない(きちんとしゃべれていない)
  • 千鳥足(ちどりあし)になっている(足取りがフラフラ)
  • 吐気があったり、吐いている

このような症状がある場合のしゃっくりは、アルコール中毒症状の1つと考えられます。
この時点で血中のアルコール濃度は1.5mg/ml以上と考えられ、大変危険ですので、すぐに飲酒をストップしましょう。
このまま飲み続けて眠ってしまった場合、血中のアルコール濃度は致死量(ちしりょう)4.0mg/ml以上にまで到達してしまいます。

 

一緒にお酒を飲んでいる人が、こうしたアルコール中毒の人を放置してしまうと、犯罪として問われることもあります。(アルコールを強要した場合など)
しゃっくりと併せて上記の症状があれば、次のような対処をしましょう。

  • 飲酒をストップさせる
  • 水を飲ませる
  • 症状がなくなるまで看護する
  • 嘔吐物で息ができなくなって窒息してしまわないように、横向きに寝かせて気道を確保する
  • 吐き続けたり、意識がなければ、すぐに病院へ

このようにアルコール中毒の症状がなければ、お酒の冷たさや大量に飲んでしまったことが原因で起こったしゃっくりと考えられます。
ぜひ、お酒しゃっくりの止め方を実践してみてくださいね。

 

また、しゃっくりが出てきた時点でお酒をやめたにもかかわらず、しばらくしゃっくりが止まらない場合にも、次のような対処法で止めてみましょう!

お酒しゃっくりの止め方

最初はこの方法を試してみてください。

お水を「ゴクッゴクっ」とノドを刺激するように飲む

この方法では、次のようなメリットがあります。

  • アルコール濃度を下げることで、中枢神経が原因のしゃっくりを止める
  • ノドを刺激することがしゃっくりに関係する神経に働きかけて、しゃっくりを止める

また、体内の二酸化炭素濃度を上げる次の方法2つも有効だといわれています。
上記の方法でお酒しゃくりが止まらないなら、試してくださいね。

方法1

  1. 大きく息を吸い込む
  2. 30秒〜1分くらい息止め

方法2

紙袋を口に当てて呼吸を続ける。

絶対に紙の袋で行って下さい。ビニールは窒息の危険があります。



Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加