しゃっくり 胎児

しゃっくり?胎動?胎児のしゃっくりは一般的?

しゃっくり?胎動?胎児のしゃっくりは一般的?

なんだか最近お腹の子がピクピク痙攣してる感じ(?)がするんだけど、これは一体???
そう思われるママって多いみたいですね。
実はこれ、お腹の赤ちゃんがしゃっくりしているんです。

 

だいたい20週目を越えたあたりから始まって、それからはかなり頻繁にする子もいるみたいです。

 

ずっとピクピクする胎動を感じると、ちょっと不安になりますよね。
「この子、苦しくないのかな・・・?」って。
その気持ち、よくわかります。

 

そこで、当記事では胎児のしゃっくりについてまとめました。
胎児のしゃっくりの原因について正しい知識を得ることで、不安を吹き飛ばしましょう。
お腹の中の大切な赤ちゃんのためにも、ママの心理的なストレスはなくしたほうがいいですからね。

 

Sponsored Link

 

なんでお腹の赤ちゃんはしゃっくりするの?

お腹の赤ちゃんは、羊水の中で暮らしていますよね。
羊水を飲み込んで、母乳を飲む練習もしています。
ただ、羊水の中には異物やごみが存在します。
(これは、ママのせいではなく、普通に一般的に存在するもので、別に悪いことではありません。)
そして、羊水と一緒にこれらの異物を飲み込んでしまった赤ちゃんは、異物を吐き出すためにしゃっくりを行なっているそうなんです。
また、しゃっくりは横隔膜が痙攣することで起こる運動ですが、生まれたときの肺呼吸を行なう為に、横隔膜を動かして呼吸の訓練をしているという考え方もあるそうですよ。

 

赤ちゃんがしゃっくりを続けているけど、大丈夫?

お腹の赤ちゃんは誰でもしゃっくりします。
横隔膜も発達していって、順調に元気に育っている証拠なので、何も心配要らないそうです。
大人の自分と比べると、しゃっくりしすぎでは?と心配にもなりますが、そもそもしゃっくりは胎児のときに必要な運動なので、大人より多くても当たり前です。
また、そのペースが速かったとしても、大丈夫です。
赤ちゃんは大人よりも心拍や呼吸のペースは早く、大人の2倍だそうです。
もちろん、しゃっくりも2倍の速さ。
だから、ピクピク痙攣していても、心配せずに、「この調子で大きく元気に育ってね」と声をかけてあげましょう。

 

まとめ

胎児のことって、ちょっとしたことでも凄く心配になりますよね。
でも、しゃっくりはみんなたくさんして生まれてきています。
もちろん、ママであるあなたもです。
だから、心配せずに様子を見守ってあげましょう。



Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加