しゃっくり 止め方 寝たきり

しゃっくりの止め方|寝たきりの方にお勧めの方法

しゃっくりの止め方|寝たきりの方にお勧めの方法

脳疾患などで寝たきりになってしまった方に、しゃっくりが続くことは、とても多いです。
ですが、寝たきりの方は自分の意思で、息を止めたり、お水を飲んだりなどのしゃっくりを止める方法を実践することが出来ません。
本人もすごく苦しそうですし、家族もとても痛々しい気持ちになりますよね。

 

 

しゃっくりを止めてあげたいんだけど、下手に刺激を与えるようなことをしちゃったら危ないかも・・・。

 

 

寝たきりの人に試しても大丈夫な、何か簡単で安全な方法はないかなぁ・・・?


 

そこで、こういった声にお応えして、寝たきりの方に最適なしゃっくりの止め方をご紹介します。

 

Sponsored Link

なぜ脳疾患などで寝たきりの方にしゃっくりが起こりやすいの?

しゃっくりは赤ちゃんから大人まで、誰でも経験するものですよね。
しゃっくりが起こる原因は本当に多種多様ですが、外部からの横隔膜への刺激や、しゃっくりに関わる神経への刺激などが主な原因です。
また、成人のしゃっくりが48時間以上続く場合は、何かの疾患のサインであることが多く、その原因疾患には中枢神経系疾患や末梢神経系疾患などが挙げられます。
この中枢神経系疾患の中に、脳梗塞やくも膜下出血などの脳疾患が含まれています。
中枢神経に疾患があると、しゃっくりに関係する神経(迷走神経や横隔神経)に刺激が伝わり、しゃっくりが出続けることとなるようです。

 

簡単なしゃっくりの止め方は?

昔から、柿のへたを煎じたものを飲むと、しゃっくりが止まると言われています。
この方法でしゃっくりが止まった!という口コミも多く見られます。
胃ろうの状態の方の場合は、チューブから柿のへたを煎じたものを胃に入れてあげるといいようです(ちなみに、柿のへたを煎じたものは、漢方薬で「柿蔕(シテイ)」といいます)。
ただし、この場合はかかりつけのお医者様に許可を取ってからにしてくださいね。

 

柿蔕(シテイ)―作り方と飲み方

 

柿のへたを10枚と500ml程度の水を鍋に入れ、弱火で半量になるまで煮詰めます。
これを食間に3回に分けて飲みます。
しゃっくりが止まるまで、これを続けると良いと言われています。

 

柿のへたはどこで手に入る?

柿のへたは薬局で手に入りますが、取り扱いがあるかどうかは各店舗によります。
もし近所の薬局に取扱がないようでしたら、楽天市場やアマゾンなどの通販サイトで購入すると良いですよ。

 

>>楽天市場での「柿の蔕」の検索結果はこちら

 

漢方薬タイプも売ってます

柿のへたを毎回煎じて柿蔕にするのも、ちょっと大変・・・。
そんな方には、粉末漢方薬タイプのネオカキックスがおすすめです。

 

>>楽天市場での粉末漢方薬タイプ「ネオカキックス」の検索結果はこちら

 

 

この方法なら、寝たきりの方にでも簡単に試すことができ、民間療法なので比較的安全です。
お医者様と相談して、試してみて下さい。



Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加