しゃっくり 止め方 赤ちゃん

しゃっくりの止め方|赤ちゃんに効く4つの方法

しゃっくりの止め方|赤ちゃんに効く4つの方法

赤ちゃん(乳幼児)って結構しゃっくりしますよね。
しばらくしゃっくりしていて、
「やっと止まったな。」
と思っていたのに、ミルクを飲み終わったら、
「あーまた始まっちゃった。」
なんてこともザラ。

 

ママやパパからすると、赤ちゃんのしゃっくりってとっても気になってしまいますが、赤ちゃん的には特に辛いことではないそうです。
そこまで心配しなくても大丈夫ですが、しゃっくりすることでミルクを吐いてしまったり、ミルクが上手に飲めなかったりすることもありますので、しゃっくりの止め方をまとめてみました。

 

Sponsored Link

お家ですぐに試せる、赤ちゃんのしゃっくりの止め方

まずは、簡単にできるしゃっくりの止め方を紹介しますね。

 

温かい飲み物(人肌くらい)を飲ませてあげる

お腹いっぱいの時はお勧めできませんが、オムツ濡れなどで胃腸付近が冷えていたりするとしゃっくりは出やすくなりますので、温かい飲み物(ミルク・白湯)を飲ませてあげると、しゃっくりが止まりやすくなります。

 

背中を優しくポンポン叩いてあげて、ゲップさせる

ミルクを飲んだ後などにしゃっくりが始まった時は、胃が急に膨れたことが原因で始まったしゃっくりだと考えられます。
空気も一緒に飲み込んだりしている可能性もあるので、ゲップをさせてあげて、胃の膨らみを減らしてあげます。
これで食後のしゃっくりが止まることはよくあるそうです。

 

お腹やお尻を暖めてあげる(オムツが濡れていれば、替える)

オムツが濡れていたりして体が冷えてしまうとおこりやすいしゃっくり。
オムツはこまめに新しいものに替えてあげましょう。
また、冷えたお腹やお尻周りを布などで包んで抱っこして暖めたり、優しく擦ってあげましょう。

 

注意をそらすような事をする

大人にはよく驚かせるという方法を使いますが、赤ちゃんにこれをすると、ちょっと可愛そうですので、他の方法で注意をそらしましょう。
例えば、うつ伏せの練習をさせてみる(首が据わっていないような月齢の低すぎる赤ちゃんは危険ですのでやめましょう)、お散歩に連れて行ってあげる、大好きなおもちゃを与えてみる、抱っこして優しく擦ってあげる、歌を歌ってあげたり音楽を聞かせてあげる等、赤ちゃんに他の刺激を与えてあげましょう。

 

なぜ、赤ちゃんはしゃっくりを頻繁にするの?

赤ちゃんのしゃっくり、実は胎児の頃からしているものなんです。
しゃっくりが出る病気って?】でも説明しましたが、鼻やのど(鼻咽頭部)に詰まった異物を取り除く為に必要だった運動がしゃっくりなんです。
これは生まれてからは必要なくなり、成長と共に少なくなっていくのですが、赤ちゃんはまだ生まれたばかり。
まだまだしゃっくりが出やすいですし、当然のことなんですよ。

 

止める方法のところでもチラッと書きましたが、しゃっくりは、

  • 胃が膨らんだ時
  • 胃腸付近が冷えた時
  • ちょっとしたストレスや驚き

なんかが原因で始まります。

 

なので、ゲップをさせたり、暖めたり、注意を他へそらしたりすると止まるんですね。

 

 

まとめ:赤ちゃんのしゃっくり

赤ちゃんのしゃっくりは、特に騒ぐことではありませんが、まれに病気によるものもあります。
1日以上ずっとしゃっくりが止まらず、寝るのも辛そうでミルクも上手く飲めないようであれば、一度お医者さんに診てもらった方がいいかもしれませんね。



Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加